不安と不満だけの試合


今日の横浜F・マリノスには、不安と不満だけが残った。
 
我らの山瀬功治に対する不安。
 
どうしたというのか、今日はいいところなし。
 
精彩を欠いていた。
 
もうひとつは、不満。
 
監督は、選手たちに何をやらせたいのか。
 
選手たちに何を植え付けさせたいのか。
広告

勝ててよかった


大分トリニータとの試合、残念ながら、観戦できず。
 
でも、ボンバーの足での得点と、裕介の突っ込みで刈ったそうで、何より。
 
フォワードの頑張りがどうたったのか、気にはなるが。
 
めでたしめでたし。
 
ホームに強い、渡邉千真の得点がご無沙汰なので、そろそろ。

もう、10節終了


なかなか、波に乗れないな。
 
今の横浜F・マリノスは、相手を圧倒するだけの力は無い。
 
守れない。
 
点もなかなか取れない。
 
でも、メンバー的には、力が無いわけでもないだろう。
 
こいのぼりのように、自由に泳ぐトリコロールの選手たち。
 
それを見てみたい。
 

内弁慶も今日で終わり


横浜F・マリノスの渡邉千真のルーキーホーム5戦連発は夢で終わってしまいました。
 
残念。
 
ならば、こちらも終わりにしよう。
 
ホームだけの内弁慶。
 
千真ならできる。
 
相手は、決して守りが強いわけではない。
 
ジェフから逃げて、ガンバからも逃げた水本選手。
 
別に怖くないでしょ。
 
キーパーも、水谷だっけ?
 
いっぱい、お仕事させてあげよう。